〜1900年頃まで

〜1900年頃まで

〜1900年頃まで

ゴールド&さんごブローチ

小振りで使いやすいブローチ。どことなくウイリアムモリスのような雰囲気が素敵です。
〜1900年頃まで

サファイア&ダイヤモンド リング

サファイアとダイヤモンドのリングでございます。 しっかりとた青みがありながらも透明感のあるサファイア。 そのサファイアの周りにはローズカットされたダイヤモンドが穏やかな輝きを放っています。
〜1900年頃まで

ルビー&ダイヤモンドリング

鮮やかなルビーとダイヤモンドのリングでございます。 左右と中央で大きさの違うルビーが3石。 その間を煌めきで彩るダイヤモンドが2石ございます。 リング全体はこのようになっております。 立ちは、普段着けていても気にならないくらいの程よい高さです。
〜1900年頃まで

9ct.Gold Victorian locket pendant

ヴィクトリア時代、大切な人の写真や遺物を入れて身に着ける事で、いつも身近に大切な人の存在を感じる事ができる、ロマンティックなアイテムとして人気のあったロケットペンダント。こちらは、19世紀後期のイギリスで作られました。
〜1900年頃まで

14ct.アメシストリング

オーバル型の大きなアメシストが1石、これは思わず目を惹く大きさです。 枠には装飾が施されています。これは植物でしょうか?彫りがぐるりと1周彫られています。 表面から見える部分の石の大きさはおよそ縦16.5mm、横13.6mmございます。
〜1900年頃まで

Pearl Ruby Ring

6月の誕生石パールとルビーの個性的なデザインのリングをご紹介致します。白く輝く、三粒のパールが横に並んだデザイン。その周りにスクエアカットのルビーを全体に敷き詰めたようなデザインのリングです。19世紀の中期ごろより、パールを使用したジュエリー沢山作られたようですが、こちらはデザインにおいて一味違った個性を発揮しています。レールのような外枠があり、その中にルビーがきっちりとセットされていますが、実際はレール止めではなく小さな爪留によるものです。
〜1900年頃まで

Old mine cut Diamond cluster Ring

イギリス1900年頃の貴重なオールドマインカットダイヤモンドをふんだんに使用したクラスターリングをご紹介致します。角の丸い四角形に見えるのもまた、珍しく甘すぎず柔らかいデザインに好感が持てます。
〜1900年頃まで

トリコロールカラーのブローチ

中央のクローバーのようなモチーフになっているサファイア・ダイヤモンド・ルビーの3石が、華やかな色合いでありながらもすっきりとした印象に。 トリコロールカラーはコントラスト感のある3色の組み合わせ、主にフランス国旗のような青・白・赤の組み合わせの事を指します。
〜1900年頃まで

ヴィクトリア朝のゴールドブレスレット

パドロック(錠前)で閉ざされた、このようなジュエリーを身に着ける事によって 貞節のイメージと共に、鍵=夫または恋人の存在を示唆する目的もあったのでは? 当時の歴史や文化に触れると、アンティークジュエリーの面白さも一層増すのではないでしょうか。
〜1900年頃まで

サファイア&ダイヤモンド ジプシーリング

ジプシーリングは宝石を埋め込むようにセッティングしたリングのことです。 淡いブルーサファイアが横並びに3石と、中央のサファイアから斜めに配置されたダイヤが2石。 ブルーサファイアの爽やかな色味と、ダイヤの主張しすぎない煌めきのバランスが絶妙です
タイトルとURLをコピーしました