〜1900年頃まで

〜1900年頃まで

〜1900年頃まで

オールドマインカットダイヤのリング

オールドマインカットダイヤモンドのクラスターリング。深みある輝きはアンティークジュエリーならでは。ハンドメイドの温かみある作品。
〜1900年頃まで

モーニングロケットリング

観音開きの蓋を開けるとロケットが顔を出します。大切な人の髪の毛をいつも身に着けていたのですね。
〜1900年頃まで

罠にかかりそうなネズミが彫られたユニークなシールと涼やかなスコテッシュブレス

罠にかかりそうなネズミが彫られたユニークなシールと涼やかなスコテッシュブレスをホームページ・オンラインショップへアップいたしました。
〜1900年頃まで

かがやく蛇のブレスレット

つぶらな瞳がとてもチャーミングな、ヘビがモチーフのブレスレット。よく見てみますと蛇の鱗まで細やかに再現されていて、とても丁寧な造りになっています。程よくデフォルメされたお顔がなんだか愛らしく見えますね。
〜1900年頃まで

可愛いリングを親指に着けたら・・

リング場面はとても小さいのですが、リングサイズは20号以上とどんな方が着けていtのだろうか、 とても大きなサイズです。 大柄の方?それともお茶会用などで手袋の上から着けていたのでしょうか。 いたずら心で親指に着けてみました(あるスタッフが親指にかっこよくリングを付けているのをまねて) 結構よいのではないでしょうか? せっかくの大きいサイズ、活かせると嬉しいのですが。 リング場面はとても小さいのですが、リングサイズは20号以上とどんな方が着けていtのだろうか、 とても大きなサイズです。 大柄の方?それともお茶会用などで手袋の上から着けていたのでしょうか。 いたずら心で親指に着けてみました(あるスタッフが親指にかっこよくリングを付けているのをまねて) 結構よいのではないでしょうか? せっかくの大きいサイズ、活かせると嬉しいのですが。
〜1900年頃まで

可憐なお花のパールリング

花びらを表す部分はハーフパールのお作りで、程よい立体感があり、凛とした花びらの形は可愛さだけではなく、上品さを感じます。 ショルダー部分の丸みのある滑らかな曲線が葉のようで、シャンクは茎でしょうか。 リング全体で花を表現したような素敵なデザインですね。
〜1900年頃まで

ヴィクトリアンジュエリー2点をHP オンラインショップへアップ致しました。

ヴィクトリアン期のシルバーのポマンダーペンダント。 左右に回すと上下二つに分かれ、中に香りの物、当時は香辛料や練香水などを入れたようです. アンバーグリス、クローブ、シナモンなど。
〜1900年頃まで

アールヌーボーのシルバーミラー

グッドウィル青山店に鎮座しているアールヌーボースタイルのシルバーミラーをご紹介します。 現代の鏡に比べて大変熱いガラスが使用されています。 鏡の渕が斜めに切られているのはお約束なのですが、鏡の部分へ掛かったシルバーのフレームに沿って上下の部分に 水面に波紋が広がるようにその部分が波打っているのも魅力の一つかもしれません。
〜1900年頃まで

Lovers knot diamond pearl brooch

ラバーズノット、愛の結び目と呼ばれるデザインに勿忘草が装飾されたビクトリア時代の後期に流行したラブジュエリー。華奢なリボンに可憐な忘れな草が絡んでいる様子はとても繊細で、下に下がる2粒のパールとダイヤのモチーフが揺れる様はいかにも女性らしく、気品を感じさせます。
〜1900年頃まで

素敵なお客様達

何と30年前に初めてグッドウィルでリングをお買い上げ下さって以来、ひたすらアンティークジュエリーをご愛用下さっていらっしゃるお客様をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました