スタッフブログ

〜1900年頃まで

ゴールド&さんごブローチ

小振りで使いやすいブローチ。どことなくウイリアムモリスのような雰囲気が素敵です。
〜1900年頃まで

サファイア&ダイヤモンド リング

サファイアとダイヤモンドのリングでございます。 しっかりとた青みがありながらも透明感のあるサファイア。 そのサファイアの周りにはローズカットされたダイヤモンドが穏やかな輝きを放っています。
1900年頃〜1900年代中頃まで

Antique Locket Pendant Book 9ct. Gold

イギリス製の9ctゴールド、ロケットペンダントです。 約1.5㎝×2.0㎝、本型の可愛らしいロケットペンダントの表裏に植物模様が彫刻されており、小振りながらとても手の込んだお品です。100年以上前に丁寧に作られましたロケットペンダント、歴史の重みと温かみの感じられるお品でございます。
〜1900年頃まで

ルビー&ダイヤモンドリング

鮮やかなルビーとダイヤモンドのリングでございます。 左右と中央で大きさの違うルビーが3石。 その間を煌めきで彩るダイヤモンドが2石ございます。 リング全体はこのようになっております。 立ちは、普段着けていても気にならないくらいの程よい高さです。
1900年頃〜1900年代中頃まで

アメシスト&パールペンダント

ペンダントトップとチェーンは9金製です。 アメシストはかなり淡い色合いで 地金のローズゴールドに馴染んで見えます。 パールの状態も良いです。
1900年代中頃〜

ガーネット&シードパール ペンダントトップ

クローズドセッティングされたガーネットとひし形に配置されたシードパール。ヴィクトリアンのペンダントトップです。 ガーネットは丸と楕円の形が組み合わされていて、丁寧に覆輪留めされています。 一番下には一石のガーネットのパーツがゆらゆらと優雅に揺れます。
1900年頃〜1900年代中頃まで

ダイヤモンドリング

地金は18金とプラチナを使用しています。 リングのフープ部分は18金製で、ダイヤモンドの周り、デザイン部分は プラチナです。 すっきりしたワシ爪で中央の厚みあるダイヤモンドをうまく引き立てています。
〜1900年頃まで

9ct.Gold Victorian locket pendant

ヴィクトリア時代、大切な人の写真や遺物を入れて身に着ける事で、いつも身近に大切な人の存在を感じる事ができる、ロマンティックなアイテムとして人気のあったロケットペンダント。こちらは、19世紀後期のイギリスで作られました。
1900年頃〜1900年代中頃まで

18ct.GOLD Diamond Solitaire Ring

20世紀に作られました、シンプルモダンなダイヤモンドリング。 単体でも十分お楽しみいただけますが、シンプルなデザインですので、カラーストーンやゴールドエタニティリング等と組み合わせて、またモダンジュエリーとの相性も良く、いつでも身に着けていられる定番アイテムとして活躍しそうです。
1900年代中頃〜

銀座店フェア最終日→次は青山店フェア

銀座店フェアーは、本日で最終日です。 皆さま、いつもありがとう存じます! 今日ご紹介いたしましたリングも含め、今回の新着商品は 青山店の新着フェアー8/10から8/21にてご覧になれます。 もちろん青山店にて初紹介となります作品もございますので、どうぞお楽しみに。
タイトルとURLをコピーしました