1900年頃〜1900年代中頃まで

トワエモアのダイヤリング

左右の腕から中央の宝石を優しく包み込むようなデザインのトワエモアのダイヤモンドリングです。 まるで花のように愛らしいデザインのダイヤのクラスターが寄り添うように並んでいて、とてもロマンティックな雰囲気を感じます。
1900年頃〜1900年代中頃まで

色鮮やかなルビーリングとエナメルリストウォッチ

フランス 20世紀初期に作られました、ゴールドの爪で留められた透き通る明るい赤色のルビーの周りを、 10石のローズカットダイヤが取り巻くクラスターリングです。
オーナー夫妻のつぶやき

狩猟モチーフのバックル

さて本日ご覧いただいています写真の品は、ベットサイドの普段あまり使っていない私物を入れている引き出しの中のバックル。 あまり使っていないといより、一度も使っていないもの(少しの罪悪感) ロンドンのマーケットで一目ぼれして即購入したものの、何となくたまに見るだけで満足してしまっている一品です。
〜1900年頃まで

Silver belt buckle ring

ヴィクトリア時代に流行のシルバーベルトモチーフ、バックルリング。19世紀後期頃、デザインや象徴により、隠された感情を表現するメッセージ性の強いジュエリーが流行しました。 バックルリングは、おもに縁結びの象徴として恋人たちの間で、送られたロマンティックなジュエリー、 恋人間の愛情だけでなく友情の証として贈られることもあったという素敵なアイテム。
アンティークジュエリー

Goldアメジストペンダント

王冠アメジストペンダントをご紹介いたします。
〜1900年頃まで

Scottish silver brooch

こちらはシルバーに繊細な彫刻を施したバイオリンのブローチ。 色味を合わせたマザーオブパールと、アゲートが本体にあしらわれています。 写真に撮るとマザーオブパールが光の加減により、ピンク色に輝いています。 照明や、下地の色味によって違う表情が楽しめそうですね。
アンティークジュエリー

HP&オンラインストア更新

HP&オンラインストア追加更新いたしました。18金ダイヤモンドリングとポーセレンブローチの2点です。
1900年代中頃〜

フンメルのフィギュア

あどけない表情がとても愛らしいこちらのフィギュアは、ドイツで人気の高いフンメルのお品物です。 タイトルは「Singing Lesson」。「ぼくが笛を吹くから君は歌って」なんて話しているのでしょうか。 青山店ウィンドウで、今日もお歌のLessonです。
1900年頃〜1900年代中頃まで

シェルカメオのリング

四角い場面のシェルカメオリング。 モチーフは、マリア様。シェルカメオが持つ暖かな風合いが、作品全体を柔らかで優しい印象にしているようです。
1900年代中頃〜

ローズカットダイヤモンドブローチ

ローズカットダイヤモンドを使用したブローチ。アンティークジュエリーを身に着けるよろこびを教えてくれそうです。
タイトルとURLをコピーしました