1900年頃〜1900年代中頃まで

1900年頃〜1900年代中頃まで

ルビー&ダイヤモンドリング

オンラインストアへ出していないリングがございましたので、本日はそれをご紹介いたします。
1900年頃〜1900年代中頃まで

9ct ストーンカメオ リング

9金の曖昧ながらも魅力的なピンクゴールドの枠に、まるで紅茶にミルクを注いでいる最中のようなメノウの模様。 そして白い部分は人物像が立体的に彫り上げられています。 くるくるとした特徴的な巻き毛も繊細な彫りで表現されています。
1900年頃〜1900年代中頃まで

9ct パール マットエナメル ブローチ

四つ葉のクローバーは「幸運を運ぶ」といわれ様々な国で広く知られています。 そして三つ葉も四つ葉と同様に「幸運の象徴」として親しまれているそうです。 三つ葉の部分をよく見てみますと、中央にパールがございます。
1900年頃〜1900年代中頃まで

18ct.トルマリン&ダイヤモンドリング

若草色のトルマリンが印象的なリング
1900年頃〜1900年代中頃まで

French Silver Long Chain

全長約140㎝のシルバーロングネックレス。こちらはフランスで作られたお品です アンティークジュエリー好きの皆様がよくお探しの、フレンチチェーンと呼ばれるゴールドのフィリグリーロングネックレスのシルバー版。裏表なくデザインされた繊細なチェーン、一コマ一コマ丁寧につなぎ合わされています。
1900年頃〜1900年代中頃まで

Damasquinado Cross Pendant Top

ダマスキナードはシリアのダマスカスからイスラム教やイスラムの文化と共に、スペインのトレドに持ち込まれた金属の象嵌細工。昔は刀や甲冑の装飾が主な用途でしたが、スペインでは次第に華やかな植物模様や鳥等の柄が施され、スペインを代表する工芸技術として花開きました。
1900年頃〜1900年代中頃まで

French Diamond Ring Toi et Moi

20世紀初期のフランスで作られましたエレガントな曲線が美しいダイヤモンド、トワ エ モアリングです。 Toi et Moi(トワ エ モア)とはフランス語であなたと私という意味。その言葉のとおり、2石のダイヤモンドが寄り添う様にデザインされたロマンティックなリングで、2粒のダイヤモンドはリングのバンドで一つにつながっています。
1900年頃〜1900年代中頃まで

ダイヤモンドクラスターピアス

銀座店よりダイヤモンドピアスをご紹介
1900年頃〜1900年代中頃まで

18ct.ダイヤモンドリング

大きなダイアが印象的なリングです
1900年頃〜1900年代中頃まで

French Beveled Glass Ormolu Jewerly Box

丁寧に面取り加工された厚手のガラスにオルモル装飾が美しいジュエリーボックス、どちらも20世紀初期~中期のフランス製です。ガラスを囲むフレームは真鍮に装飾が施されたもの、オルモルと呼ばれ、真鍮に金メッキを施した装飾の事でアンティーク家具の装飾等にもよく見られます。
タイトルとURLをコピーしました