18ct,ルビー&パールのリング 1876年

〜1900年頃まで

いかがお過ごしですか。青山店よりスタッフNです。
本日は18金を用いた後期ヴィクトリアンのリングをご紹介いたします。

粒金細工で囲った場面の中にルビーと
パールを交互に配した四角なデザイン。
地金を彫って石を留めているので、石やパールの
状態も良いですし、高さが無いので、
着用にあたってのストレスがほぼ感じられません。

高さのないシンプルなデザインは、
ずっと身に着けて居たくなるような美しさがあります。
また、リングの内側には、18金であることの刻印と、
イギリスのバーミンガムにて1876年を示す刻印がございます。

このような、シンプルかつ単純なデザインであればこそ
アンティークの持つ作りの良さや、懐の深さが感じられるようです。
こちらは、青山店でご覧になれます。
☆☆☆☆彡☆☆☆☆☆彡☆☆☆☆☆彡☆☆☆☆☆彡☆☆☆☆☆彡☆☆☆☆☆彡☆
作品情報
品番:R-1005
品名:18ct.ルビー パールリング
素材:18ctゴールド・ルビー・パール
国(推定):バーミンガム
時代(推定):1876年
サイズ:#13 
サイズ直し可
※対応サイズはご相談下さいませ
※期間は3週間頂戴いたします
※サイズ直し承り後のキャンセルは不可となります


コメント

タイトルとURLをコピーしました